japan-architects.com

13 3月, 2019

砂山太一と浜田晶則による展覧会「鏡と天秤」

東京・京橋のAGC Studioで3月12日より始まったAGC Studio Exhibition Vol.27「鏡と天秤 -ミクスト・マテリアル・インスタレーションー」展オープニングへ行って来ました。


二人の建築家、砂山太一と浜田晶則がAGCの旬の素材を媒体として表現するインスタレーションである。コンセプトは「Mirror」と「Libra」。鏡は非日常(ハレ)と日常(ケ)の境界が曖昧な社会をどのように映しとっているか、天秤は非日常(ハレ)と日常(ケ)のバランスをどのように計っているのか、それぞれの解釈によって製作された装置と空間を体感することができる。


〈Libra〉浜田晶則
ガラス筐体とフッ素樹脂フィルムで構成される天秤と、特殊12.2chのマルチチャンネルオーディオシステムによるサウンドの作品。柔らかな白い布で覆われた部屋に苔が一面に敷き詰められおり、ガラスの装置とそれを眺めるための場所、写真家Gottinghamによって撮影されたコンセプトイメージや構造の解説があるライトボックスが配されている。


大ガラスは182kgありそのままでは倒れてしまうが、そこにフィルムをかけ、97kgのガラスの塊によって張力をかけることで水平に維持されながら浮遊している。フィルム(アフレックス)はドイツのアリアンツ・アリーナや東京・新豊洲Brilliaランニングスタジアムなどでも採用されている耐候性、防汚性のある膜構造用素材だ。


フィルムの上には光学ガラスが何個か配されている。上には二対の漏斗と、音響彫刻家の國本怜氏による立体的な音像を可能にする球体スピーカー。膜の上の水が落ち、摩擦力と表面張力によってとどまり、音と共鳴する。



浜田晶則氏(左)、國本怜氏(右)
チームラボのプロジェクトでも協働したという二人。「非日常と日常、仮想と現実、主体と容体、これらを両義的なものとして思考するための装置がLibraです。ぜひ体感しに来てください。」


〈Mirror〉砂山太一
鏡として使用可能な反射率と高解像度な映像表示を兼ね備えた、AGCの拡張ミラー型ディスプレイ「Augmented mirror」を主に使用したミクストメディアインスタレーション。

反射率65%のハーフミラーの背後に液晶ディスプレイを配置したミラー型ディスプレイによる鏡面サイネージ空間。L字型に構成された鏡の壁が、鏡像、実物そして映像が混ざり合う拡張された空間をつくっている。


液晶ディスプレイの光がハーフミラーを通過し、鏡の表面に映像が表示される(表示の無い黒い部分は通常の鏡)。


砂山太一氏。「メディアの再生装置のような空間です。先に空間の中にカラーMDFで厚みのある平面を作り、その後映像や配置するものを考えていきました。」

AGC Studio Exhibition Vol.27 
「鏡と天秤 -ミクスト・マテリアル・インスタレーションー」
会期:3月12日(火)~ 5月11日(土)
開場:10:00 ~ 18:00(日曜・月曜・祝祭日休み)
入場:無料
会場:AGC Studio(東京都中央区京橋2-5-18)
ディレクション:中崎隆司
主催:AGC株式会社 AGC Studio
www.agcstudio.jp/event/3857





*************************
japan-architects.com 
日本の建築家・デザイナーと世界をリンク
Web : www.japan-architects.com
Twitter : @JapanArchitects 

Facebook : japanarchitects

*********************
****
Reproduction of any of these images and texts without written permission is prohibited. Copyright: japan-architects.com

08 3月, 2019

荒谷省午による西宮の「目神山の住宅」

荒谷省午/荒谷省午建築研究所による西宮の「目神山の住宅」を見学してきました。
目神山は荒谷さんの師、竹原義二氏のさらに師である石井修氏が20以上の作品を残した地区であり、荒谷さんにとってはこの地区2作目となる。
(※取材時外構は未完成)


敷地面積874m2、建築面積237m2、延床面積167m2。木造2階建て。
親が50年ほど前に建てた家を建て替える計画だ。


接道より3mの高さまで緩やかに傾斜した敷地に平屋の棟をいくつか雁行させながら配置し、その上に一筆書きで屋根を掛けた。


既存では西寄り(右)に大きな2階建ての棟が建っており、東寄りに手入れされた庭木が植わる大きな庭があったが、今回十分に活用出来る庭の使い方を求められたそうで、庭(余白)の残し方を多くスタディした。
アプローチはそのままで、玄関の位置も踏襲。中央に小さく盛り上がる庭石の辺りに建物の角があった。


今回大きく変えたのは、庭を敷地中央に取り、持ち上げた棟の下にピロティ設け、そこを介して南北に連続させることだった。
ピロティの高さは180cmほどで、無垢の鉄柱で支持した。無柱にする事もできたが、コンクリートスラブが厚くなることや、それだけのコストを掛ける意味があるのかを検討した結果柱を立てた。
砂利の部分はこの後コンクリートブロックが敷き詰められる。


ピロティを抜けると南の庭。土の部分は芝生になる予定。つまり堅い庭と、柔らかい庭にして目的によって使い勝手を良くしたのだ。


南に面した新しい庭はキャッチボールや、ちょっとしたサッカーも楽しめるくらいの広さ。ダイニングやリビングに接続するバルコニーからも出入りできる。
外壁はモルタル。クラックが入りにくいように目地を切り、金ゴテ仕上げと、スタイロ仕上げで表情を変えた。


玄関へ。土間はモルタルで、右奥の階段からガレージに通じている。上がり框の下に間接照明が仕込まれている。
天井は木毛セメント板で、軒天井から連続する。


右へ進むと、ハッとするような朱が鮮やかな和室が現れる。


朱の引戸、襖は和紙の壁紙が張られたもの。仏間や客間として利用する部屋だ。


玄関から左は段床を伴いながら奥へ廊下が続く。左手にはウォークインクローゼットがあり、藍の壁にはピクチャーレールが備わる。


廊下を進むとLDKの手前に前室のような小部屋。そこに2枚の引戸。
藍色はEP(エマルジョンペイント)に砂を混ぜて、表情を付けながら塗った。


左の引戸はトイレで、右を開けると洗面室と浴室。


洗面室から左を向くと、家事室、そしてパントリー、キッチンへと続く家事動線。


家具や建具に丁寧な仕事が見られた。ラワン材に柔らかな加工がされた手掛かり。戸当たりとして埋め込まれたブラシは荒谷さん標準の仕上げだそうだ。また引戸と戸袋の境に見切りを一筋入れ、戸を閉めたときの納まりが美しくなるよう一手間かけている。


水回りからキッチンは施主の好みが強く反映されているという。「それらを調整しながら自分の設計に落とし込むのはおもしろい。」と荒谷さん。


玄関から続く廊下を見返す。分節された屋根が交互に勾配を変えていく様がよく分かる。


ダイニング・キッチン。緩やかな勾配の大きな天井が、左のリビングに向かって開放感をもたらす。
ヘリンボーンの床は施主の要望を反映した。


ダイニングから少し上がってリビング。この下がピロティになる。持ち上げられたリビングは景色の眺め良くするためでもある。


西宮の街並みと大阪湾を望む。


リビングに据えられるようにレイアウトされた畳スペースは3人の子どものための勉強部屋。右手から2階に上がることができる。
リビングの壁も同様に砂混のEP。畳スペースはシルバーのガルバリウム鋼板貼り。


施主はチェストやテーブルなどのビンテージ北欧家具を多く所有することから、配置を楽しめるように、壁を多めにした。


2階は、通常ならロフトと呼べるような天井の低いコンパクトな空間だが、ここからでないと見ることができない内外の眺めがある。


下の畳が子どものスペースで、こちらは親のスペースとして使う予定だそうだ。


畳スペースの左手奥へ。
正面の開口からちょうど梅が咲いているのが見える。


子ども3人の寝室。まだ小さいので引戸は付けずにオープンに。間仕切りは黒板塗装がされている。左奥に主寝室。


振り返ると子どもが好きそうな凹凸が沢山ある。


子ども室の奥から。開口から見える庭は今後植栽がもっと入れられる。


主寝室の出入りは不思議な三角の "廊下" に面する。「大きなところと小さなところを意図的に設けでメリハリを付けた。」と荒谷さん。


左はトイレで、反対が主寝室。


主寝室へは、玄関から上がったり下がったりしながら30mほどの動線がある。離れのように一番小さなボリュームとして配置されている。
床はサイザル麻だが、綿が混紡されて足触りが柔らかい。


荒谷省午さん。「建て替え前の住宅は、この広い敷地が持つ可能性を充分に使いこなせていないように感じました。今回の計画では、これまでのここでのクライアントの生活に敬意を払いつつ、この場所のポテンシャルを最大限引き出す事に注力しました。平屋を少し立体的に捉えることにより、眺望の確保や大きな軒下など、敷地に残される余白部分もまた魅力的な空間とすることが出来たと思います。」

【目神山の住宅】
・建築設計:荒谷省午建築研究所
・構造設計:エス・キューブ・アソシエイツ
・施工:山陽建設工業


*************************
japan-architects.com 
日本の建築家・デザイナーと世界をリンク
Web : www.japan-architects.com
Twitter : @JapanArchitects 

Facebook : japanarchitects

*********************
****
Reproduction of any of these images and texts without written permission is prohibited. Copyright: japan-architects.com

18 2月, 2019

「ル・コルビュジエ 絵画から建築へ―ピュリスムの時代」展/国立西洋美術館

2月19日から上野の国立西洋美術館で開催の「ル・コルビュジエ 絵画から建築へ―ピュリスムの時代」展、プレス内覧会へ行ってきました。
2016年世界遺産に登録、そして開館60周年を記念した展覧会だ。
[Le Corbusier and the Age of Purism, The National Museum of Western Art, Tokyo]


展覧会主旨:
「若きシャルル=エドゥアール・ジャンヌレ(ル・コルビュジエの本名)が故郷のスイスを離れ、芸術の中心地パリで「ピュリスム(純粋主義)」の運動を推進した時代に焦点をあて、絵画、建築、都市計画、出版、インテリア・デザインなど多方面にわたった約10年間の活動を振り返る。
第一次大戦の終結直後の1918年末、ジャンヌレと画家アメデ・オザンファンは、機械文明の進歩に対応した「構築と総合」の芸術を唱えるピュリスムの運動を始めた。そして、絵画制作に取り組みながら新しい建築の創造をめざしたジャンヌレは、1920年代パリの美術界の先端を行く芸術家たちとの交流から大きな糧を得て、近代建築の旗手「ル・コルビュジエ」へと生まれ変わる。
本展はル・コルビュジエと彼の友人たちの美術作品約100点に、建築模型、出版物、映像など多数の資料を加えて構成。ル・コルビュジエが世に出た時代の精神を、彼自身が作り出した世界遺産建築の中で体感できる、またとない機会となる。」


コルビュジエによる日本唯一の建築。パリで彼に師事した前川國男、坂倉準三、吉阪隆正の3人の日本人建築家の協力により完成した国立西洋美術館本館は、所蔵品が増えるにつれて建物が中心から外へ螺旋状に拡張する「無限成長美術館」のコンセプトに基づいている。


本展は展示作品のみならず、コルビュジエの作品そのものの中で展覧会を堪能できる。
まずは1階19世紀ホール。普段展示されているロダンの作品を撤去しての展示だ。


展示作品と合わせ、空間の詳細な撮影も試みた。(※一般公開ではこの空間のみ撮影可)
三角形のトップライトから光が注ぎ、奥のスロープより目線を変えながら2階に上がっていく仕掛け。


〈メゾン・ドミノ〉1914年、第一次大戦後の復興計画のために考案した集合住宅の工法システム。前提として鉄筋コンクリートの利用と、部品の大量生産という発想があった。
本作で示されたフレーム構造の切り開く空間の可能性を徹底的に追求し、"近代建築の5原則" に収斂させていった。柱をファサード(立面壁)より内側に入れたことで、ファサードが構造壁から解放され、組石造では避けることができなかった縦長窓ではなく、水平に連続する窓など自由な立面が可能になる。


〈画家オザンファンのアトリエ・住宅〉1922-24年、パリ
コルビュジエがパリ市内に完成させた初めての建築。「自由な立面。人間的尺度によって標準化した窓の要素。それらの組合せと統一。」
抽象的幾何学と機械の美学の融合というピュリスム絵画の理念を、3次元のオブジェとして現実空間に投影させた作品。


〈イムーブル=ヴィラ〉1922年、都市デザインを構成する住居の一類型として考案。

展示室壁側に展示されるアクソメ図では、400m×200mの街区に、ロの字型住棟が300m×120mの公園を取り囲み、公園には緑地や散策路、テニスコートなどの運動施設が配される。各住戸はメゾネットで、2層分の高さを持つ空中庭園を持つ。模型は同じく別に展示されているパースのもう少し小さな案のようだ。


〈ヴォワザン計画〉1925年、場所を選ばない都市デザインの一般解として構想。


〈スタイン=ド・モンヅィ邸〉1926-28年、ヴォークレッソン/フランス
ピュリスムの運動は既に終わっていたが、この住宅の設計にはピュリスムの理念が最も反映されている。


「柱が独立していることが、家の中全体に一定の尺度とリズムと落ち着いて抑揚を与える。外壁は光を運び込むものと考えた。従って外壁はもはや床や屋根を支えてはいない。単にガラスの膜か家を包み込む組物である。」とコルビュジエの解説。


スロープを上って2階へ。




〈エスプリ・ヌーヴォー〉
ピュリスム(純粋主義)の運動は1918年末、第一次大戦が終わったばかりのパリで、シャルル=エドゥアール・ジャンヌレと画家アメデ・オザンファン(1886―1966)が共同で開いた絵画展によって始まった。
彼らは1920年に雑誌『エスプリ・ヌーヴォー(新精神)』を創刊し、機械文明の進歩に対応した「構築と総合」の理念を、芸術と生活のあらゆる分野に浸透させることを訴えた。ジャンヌレはこの雑誌に「ル・コルビュジエ」のペンネームで建築論の連載を行い、1922年には従弟のピエール・ジャンヌレと共同の事務所を開いて、建築家ル・コルビュジエとして本格的に活動を始める。


2階は四角い回廊を周りながら、4つの章に分け展示されている。
第1章:ピュリスムの誕生
第2章:キュビスムとの対峙
第3章:ピュリスムの頂点と終幕
第4章:ピュリスム以降のル・コルビュジエ


〈ラ・ロシュ=ジャンヌレ邸〉1923-25年、パリ(世界遺産)
右は1926年撮影の竣工直後の写真。


ラウル・ラ・ロシュとコルビュジエの兄アルベール・ジャンヌレの家族のための住宅。敷地は路地に面した行き止まりで、アプローチ方向のジャンヌレ邸と、敷地奥のラ・ロシュ邸がL字型に計画されている。連続する水平窓によってプロポーションが抑制され、アプローチの奥行き方向に緊張感を与えている。


模型は内部も観察できるが台が高い。
ラ・ロシュ邸はピロティに支えられ、絵画ギャラリーの曲面外壁が訪れる人々の視線を惹きつける。


キュビスムを代表するピカソやブラックの作品も。






〈積み重ねた皿、三角定規、開いた本のある静物〉〈白い椀〉などジャンヌレ(コルビュジエ)の絵画作品


〈ヴィンセンホフ・ジードルンクの住宅〉1927年、シュトゥットガルト(世界遺産)とル・コルビュジエ


ドイツ工作連盟の展示会のために建設された住宅のプロトタイプ。展示会はミース・ファン・デル・ローエがマスタープランを行い、ブルーノ・タウトを含む17人の建築家が参加し、33棟の住宅団地をつくった。
工業化・量産化として提案された、前出の〈メゾン・ドミノ〉を発展させ、その建築的ポテンシャルを体系化・言語化した『近代建築の5原則』が初めて公表されたのが本作だ。


2階から19世紀ホールやバルコニーを見る。


正面〈エスプリ・ヌーボー館〉パリ国際装飾芸術博覧会のパヴィリオン。


〈肘掛け椅子〉/バスキュランチェア、〈寝椅子〉/シェーズ・ロング など
1930年代に製作された貴重なビンテージ。


最後にサヴォア邸のコーナーで展示は締めくくられる。


〈サヴォア邸〉1928-31年、ポワシー/フランス(世界遺産)
コルビュジエが提唱した『近代建築の5原則』= ピロティ、屋上庭園、自由な平面、水平連続窓、自由な立面全てが、最も純粋な形で体現された建築。


第二次大戦中にはドイツ軍施設として用いられ、戦争終了後は荒廃していたため、高校建設用地として解体の危機に遭遇。しかし、世界的な反対運動により解体を免れ、当時としては画期的な近代建築の歴史的モニュメントとして認定された。


本作の設計期間は絵画制作におけるピュリスムからの自立と重なる。1928年頃から貝や骨などや、女性のイメージが絵画のモチーフに加わり、『ル・コルビュジエ』と署名するようになる。それに呼応するようにサヴォア邸では巻き貝を想起させる螺旋階段や、女性のシルエットを反映する寝椅子が浴室に見られる。


サヴォア邸のオリジナルスケッチ。平面、室内パース、外観パース、俯瞰などが一枚に検討されている。


サヴォア邸の人物のいるパース、断面












ガラスで囲われてしまった、普段非常階段として閉じられている周り階段を退場の際利用できた。








【ル・コルビュジエ 絵画から建築へ―ピュリスムの時代】
会期:2019年2月19日〜5月19日
会場:国立西洋美術館開館
詳細:https://lecorbusier2019.jp


*************************
japan-architects.com 
日本の建築家・デザイナーと世界をリンク
Web : www.japan-architects.com
Twitter : @JapanArchitects 

Facebook : japanarchitects

*********************
****
Reproduction of any of these images and texts without written permission is prohibited. Copyright: japan-architects.com