japan-architects.com

19 4月, 2010

藤本壮介さんの「東京アパートメント」

藤本壮介さんの「東京アパートメント」を内覧させていただきました。場所は板橋区小竹向原駅から10分ほどの住宅地。

引渡しの日で、一部最後の仕上げを行っていました。

"家型"の部屋が2~3個で1つの住戸となる長屋形式で、オーナー住居+賃貸、計4つの住戸からなっています。

まずは南側にある階段でBルームへ。

玄関と水回り。

柱やブレースにもFRPで防水加工がしてあります。

LDK。こちらBルームは2LDK、41m2、17万円の部屋です。

ベッドルーム。

"離れ"と呼ばれる3階へは、ハシゴで上がります。

木登りをするような感覚でよじ登ります。

途中で向きを変えもう一つハシゴを登りますが非常に狭いです!
棟の連結部分がよく見えます。

3階。差し込む光と柱や梁の影の揺らぎがツリーハウスのようです。


降りるときの様子。体をねじったり、頭をかがめたり、しゃがんだりと一苦労です。




2階の外階段から続く屋根の上の階段。階段に座って街並みを一望することができます。都会の山登りという新感覚。

さらに上には何やら上れそうで上れない階段が(!)。こちらの屋根には、将来共同使用できるバルコニーを付ける予定だそうです。

次は北側の階段でCルームへ。

玄関を入るとダイニング・キッチン。3段上がってリビングへとつながっていきます。

リビング。左は水回り。

窓が多く明るく開放的。こちらCルームは1LDK、30.5m2、14万円の部屋です。

バスルームからリビングを見る。

こちらは3層からなるAルーム。エントランスからの眺め。

地下では音楽も可で、事務所として使用しても良いそうです。

2階ベッドルーム。Aルームは2LDK、56m2、20万円のお部屋です。

引越が進むオーナーさんの部屋も特別に見せていただきました。こちらの1階と、地下にも部屋があります。
銅箔を貼った柱が見えますが、これは賃貸の各部屋の柱にも当初存在していたという藤本さん幻のデザインだとか(!)。他は全て上から白く塗り直してしまいましたが、この部屋だけはオーナーさんの希望で銅箔を残してもらったそうです。

一見ショップ風のオーナー住居入り口。「ここに色々な人たちに集まってもらって、一緒に企画やイベントをしたり、あたらしいコミュニティーを作って行きたいと思っています。だから入りやすいようにしてあります。」とオーナーの上田さん。自らのホテル勤務の経験を活かし、積極的に「東京アパートメント」をホスピタリティーの精神で育ていく熱き思いを語ってくださいました。

お問い合せ:株式会社アルネット
http://tokyo.takuti.jp/

==============================
日本の現代建築家と世界をリンク >> japan-architects.com
□ジャパンアーキテクツ参加メンバー >> オフィスプロフィール
□建築・デザインのイベント情報 >> イベント情報
□建築家の作品画像一覧 >> イメージギャラリー
□ジャパンアーキテクツへのお問い合せ >> 事務局へメール
==============================